■ 小網代の入江
               (森林編)
神奈川県 三浦市 三崎町 小網代
【最寄】 京急バス 『 引橋 』 『小網代』
撮影 2006/11/08 ・ 2007/04/05




「小網代の森」

 その名称から、気楽な公園のような自然観察園だと思い込んで出かけた人は
ショックを受けると思います。


  舗装も何もされておらず、「道がある」というよりは、
  『草が少ないから、たぶん 道なのだろう…』 という感じの通路。

  行く手をふさぐように傾(かし)いでいる老木。

  通路を隠さんばかりに無闇に生い茂る草。

  足を置くとグジュリと沈む地面。

  木々に絡み付いたまま朽ち果てたカサカサのツル…




 しかしここを見れば、自分たちが今まで美しいと思っていた自然は、『人間の美観や用途に合わせて調整されたもの』 に過ぎなかったのでは…? と、気づかされます。

 人の目からは、薄汚く、うすら怖くすら感じる光景も、草木たちにとっては住みやすい、これこそが 本物の自然 だったのかもしれない… と、改めて考えさせられることでしょう。



 ちなみに、僕が初めてこの森に訪れた2004年3月は、ちょうど冬が終わったばかりだった事もあり、森全体が枯れた草木の灰色で覆われ、ほとんど 墓場

 ものすごく陰鬱な気分になったのを憶えています。


 でも、それからたった1ヶ月後に再び訪れた森は、春の新芽がいきいきと輝く、透明な緑と生命力が輝く世界に一変していました。



 草木が今より身近だった昔の人が、春の訪れを心から喜んだ気持ち…

それがフッと分かったような気がした瞬間でした。











 それでは、この森の概要を、今回は 引橋交差点 の最寄の 『北東口』 を基点にして、紹介していきましょう。

(『北東口』については、『小網代の入江』 (入口編) をご覧ください)



 看板と金網の間から森に入ると、標高はじょじょに下がり、小さな水の流れと並行して進むことになります。

 少しずつ道路からの騒音が減り、鳥の声が元気になってきます。
所々で老木に行く手をさえぎられますが、くぐって対処しましょう。



 小川の上などは、鉄板などで簡単な橋が造られていますが…
キケンなので、決して勢いよく渡らないでください。

 振動で傾き、最悪、下に落ちます。

 足の裏を、鉄板のすぐ上をスライドさせるように 30センチほど前進させ、次は反対の足を同様に前へ… といった感じで丁寧に進むことをお勧めします。


 同様に、ドロの上に置かれている鉄板もゆっくりと渡りましょう。
上下振動が大きくなると、鉄板の穴が水鉄砲の役目をして、ドロ水が噴出します。

 鉄板が置かれていないドロ道は、付近にある棒を地面に置いて足場にすると、幾分マシになるでしょう。 工夫で乗り切ってくださいね。






 途中で、1メートルほどの落差があり、しかもその落下先がドロドロという大難所がありますが…

 あつらえたように太さ5センチほどの縄のような木が垂れ下がっていて、ちょっと感動します。


 『まぁ人間にはつらい場面だろうから、よければ使いたまえよ』 といった、森の心遣いかと錯覚するほどです(笑)



 この枝、少々のことでは折れたりしないので、その点は安心なのですが…

 問題は 足場 です。

 実は、枝をつかんだ上の足場が、すでにけっこう粘土質なのです。

 そのため、『やぁ、ちょうど良い枝が…』 などと枝に注意がいって、足元がお留守になると、最悪 下に転げ落ちることもありえます


 「森の心遣い」 を無にしないためにも、ここは慎重に挑んでくださいね。








 余裕が出てきたら、たまには頭上をあおいでみましょう。


 葉の緑をいっぱいに受けてふりそそぐ光 に、今この森にいる歓びをしみじみ実感することでしょう。










 前方の頭上の木々が減ってきたかな? と感じたら、それはおそらくあなたが、この森の道の 大きな分岐点 に到着したためです。

 ここからは、大ざっぱに 3つ の行き先が選択できます。



 1つは、右斜め前に進み、湿地帯のど真ん中をつっきる 『鉄板橋の小道』

 頭上がスカッと開ける開放感を楽しめる道で、そのまま丘を登っていくと、最終的に 『北口』 に到着します。

 途中まで行き、鉄板のきしむ音を聞きながら、森の中では珍しい乾いた空気をしばし楽しむのも一興です。

 ただし、橋が狭いので、他人とすれ違うときは ちょっとテクニックを要する道でもあります。





 もう1つは、グイッと にUターンするように丘を登っていく道で、これは難関の 『南東口A』 のルートです。


 「100番鉄塔」をご覧になりたい方はこちらへ。

序盤の つるつる坂 には、十分ご注意ください。








 そして、両者の間…

 道というより、湿地の中に入っていく 秘密の通路獣道 のようなこの道こそが… 実は、『小網代の入江』 に向かうためのメインルートです。



 この道にある 背の高い草が作る自然のトンネル は、大人なら前かがみでようやく通れる狭さ…

 愛好家の間で 『トトロのトンネル』 などと愛らしい名称で呼ばれている名所であると同時に…

 その牧歌的なネーミングからは想像もつかない、小網代の森で1・2を争う 難所 でもあります。



 夏にくぐったときの密閉感と湿度も相当のものですが、最大の敵は中ほどにあるドロだまり

 幅1メートルがせいぜいのトンネル内いっぱいに広がるドロが、2メートル近く続く場所… 飛び越そうにも、トンネル内なのでジャンプ不可なのです。

 両足をトンネルいっぱいに開いて、草の根付近を足場に、しかも1ヶ所にとどまっていると重みですぐに沈むのでスピーディかつ正確に…

 そんな様々なテクニックを総動員する必要のある難所です。


 「ドロにはまるのも、思い出の1つ」 と開き直れる方にとっては、少しも怖くない場所ですが、「この後、三崎港でマグロ料理のお店に入って…」 等と予定されていて、足元の汚れを気にされている方には、ちょっとお勧めできないルートです。



 しかし、ここを難なくクリアできるほどの適応力がつけば、もはや小網代の森に恐るる場所無しです。

 「小網代の森」に愛されるかどうかが試される、登竜門ともいえるポイントかもしれませんね。(大げさ)












 以下は、『トトロのトンネル』 を通過した方向けのルート説明となります。



 トンネルを抜けてしばらく歩くと、『コンクリ橋』 があります。

 マッキミサゴと遭遇した場所の舞台といわれる、ファンの間で 『マッキ橋』 と称されている橋は、ここではなく もうちょっと先ですが…

 形状的にはこちらの橋のほうがそれっぽいですね。

 ただ、これは木製の橋ではないですが…



 ちなみに、木製でそれっぽい橋… となると、『南口』 にある、この橋(左下の写真)ぐらいではないでしょうか?

 ただし、作中の場面とは岬の向きなどが違いますが…

 その下の川も、小さーいものだし。












 南西に向かって坂を登っていくと、分岐点に電柱があるY字路に到着します。

(左の写真は、Y字路を南から撮影しています。 今、右の細道から出てきたところです。)



 このまままっすぐ行くと、すぐに南東口Bへの坂道(非常に気づきにくい)があったり、延々まっすぐ進むことで南口(小網代港)にたどり着けたりします。


 が、ここは右折して下へと降りて行きましょう。

右折というより、ほとんど「右へのUターン」という感じですが…



 じょじょに木々が少なくなり、林を抜けたところで、唐突に マッキ橋 が、その姿を現します。

 木製の、おもむき深い橋… て、アリャリャリャ!?
この橋てコンクリ製でしたっけ??

 この森に来て数年来、この橋は「木製」だとばかり思い込んでいました。
(2007年4月に訪れたとき、ようやく気がつきました)



 材質 の違い以外にも、作品中のものとは 形状 も やや違ったのですね…

 夕凪の時代になればこのあたりは軽く水没してしまうため、もう少し川の上流(森の奥)に架けなおされたものが、作中のあの橋なのかもしれません。

 南の岬の間から、小網代の港 も見えています。








 橋を越えて、雰囲気のいい小道を進みます。


 道のすぐ北の草の中に、赤い屋根の別荘 (なのかな?) を発見して、その違和感にちょっとビックリしたり…

 でも、じっくり見ていると、「これはこれで、風景に調和しているのではないか…?」 といった気持ちがわいてきたり…










 小道の南側に、水際に下りていける小さな入口があるので、下りてみましょう。

 ここには、岩と砂でできたがあります。



 …が、今回の写真を撮影した日に、小学校の見学らしき一団30人(大人と子供あわせて)が訪れていたため、撮影は彼らを外すように行いました。

 こんなご時世ですから、いい歳したオッサンが子供(実際は浜辺なんですが)にカメラ向けると不審がられるのでは?と心配で。 子供たちがにぎやかで良かったんですけどね。

 僕の顔を何人かが憶えていてくれて、森の別の場所ですれ違ったときに、「あ… あのおにいちゃん、さっきも見たー」 と友達どうしでコッソリ話していたりして、やっぱり子供は可愛いですね。




 まあ、ここの写真は、また後日 追加撮影してきますね。

それにしても、水の透きとおり具合が、本当にすばらしいです…
















 …というわけで、再度行ってきました小網代の入江(2007年4月)



 まったくの行き当たりばったりで訪れたのですが、干潮に恵まれ、シットリした砂浜が姿を現しておりました。


 午後3時すぎのやや傾いた太陽からは、うっすらとオレンジがかったやわらかい光がそそがれ、周りの木々もいつも以上にやさしげに見えました。










 ちなみに、先ほどの道に戻った すぐ先に、『アカテガニ ビオ(バイオ)トープ』(生息領域) という場所への入口がありますが…

 ここは、一般の我々は、入ってはいけないようです。

 20メートルぐらい跳躍できる全裸の女性(キバ付き)が、たまにプレゼント用のカニを獲るために侵入しているようですが(笑)



 このまま北へ向かってゆるゆると坂を登っていくと、やがて 北西口 に出ることができます。 おつかれさまでした。

 ここから右折して、東へ700メートルほど行けば、バス停『引橋』 に戻ることができます。



★最後に、オマケの写真を。

 左の「森の中の水面」は、この森のどこかの風景です。
ちょっと「入りたくない」感じの細道の、ドン詰まりにありました。

 森をよく知っている方にとっては別に隠しポイントでも何でも無いんでしょうが、できた写真がやけにイイ感じだったので載せてみました。

 青空が写りこんでいるので美しい場所のように見えますが、実際の水面はそんなに深くないのです。

 いつかあなたも、この風景に出会うかも…

 




[ 戻る ]