■ 農道の高地
                     (柳作編)
神奈川県 三浦市 南下浦町 金田・松輪
【最寄】 京急バス 『 松輪 』
撮影 2006/09/25 ・ 2007/09/08




 うちのページを詳しく見てくださっている方の中には、違和感を感じていた方もいらっしゃったのではないでしょうか?

 『どうして、「 main_219.html 」 だけがアップされていないの…?』 と。



 実はそこには、この 『農道の高地』 が入る予定でした。

 で、2007年の1月に、そのつもりでページを作っていたのですが…

 たまたま見かけた他人様のサイトの「農道の高地」の写真が、僕が見当をつけていた 柳作 のものと違っていまして…

 そこで万全を期すために、そのページで紹介されている場所(2ヶ所あり、どちらも行ったことのある場所でしたが、隅々までは撮影していなかったのです)も確認した上で、ようやく今回、仕上げるに至りました。



 気づけば、あれから半年以上経過して、今はもう10月ですが…(苦笑)



 言い訳をするなら(笑)候補地が多すぎたのです。

 先ほどのサイト様が紹介している場所は、バス停『松輪入口』〜『松輪』 までのクネクネした農道で、道に沿うだけでも4キロあります。

 さらに、剣崎・間口、そして今回以降紹介する柳作・殿畑

 これらを隅々まで歩く必要があったために、半年以上の時間もの時間がかかってしまったのです。



 でも、おかげさまで、今まで自信の無かった三浦市南東部に関しても、かなり詳しくなった自負があります(笑)

 長い前置きで、すみません。 それでは、紹介をお楽しみください。






 アルファさんのお気に入りポイントの1つ、『農道の高地』

 彼女のセリフから、該当地についてのヒントがいくつか挙げられます。


  『大三叉路の先を東へ』
  『農道の高地』
  『千葉が大きくすぐ近くに見える』
  『青いトタンの小屋』



 以上から、引橋交差点を少し南に行ったところを左折した先の、房総半島がよく見える、高台の農道で、景色の中に「青いトタン小屋」がある場所… という事が分かります。

 物語自体が、2004年ごろと比較的最近に描かれた話なので、風景も2007年の今と大差が無いはず…



 そこで まず思い出したのが、『剱崎灯台』 の近くの畑の丘、柳作でした。



 とりあえず、現地の風景をご覧下さい。
漫画内の風景の雰囲気と、なかなかよく似ていませんか?

「青いトタン小屋」 が無いのが悔やまれますが…(笑)

 ちなみに、画面下部の白い部分は、丘ではなく「畑の土を覆うシート」です。










 アクセスですが、京急『三浦海岸』を下車し、駅そばのロータリーから『剱崎(つるぎさき)』方面行きのバスに乗ります。

 30分に1本と数が少ないですが、三浦市南東部は市内でも特に居住区が少ない場所なので、ある意味仕方がありません。


 それでも走り始めると、三浦海岸〜金田湾 の静かな海岸線をガタゴトゆったりと走るバスに、何ともいえない郷愁を感じるのではないでしょうか?


 20分ほどしてバスが丘へと上りはじめると、「次は、松輪ー、松輪ー」というアナウンスが入ります。 この 『松輪』 が、降りるバス停です。

 このバス停のアナウンスを聞くたびに、「わたし、待〜つわ〜♪」 と脳内で歌ってしまう自分は古い人間です(笑)


 バスを降りたら、100メートルバックして、いびつな十字路をへ曲がりましょう。

 歩いていると、すぐに先ほどの写真の光景が、少し左(北東)あたりに広がってきます。


















 この場所を訪れた方は… 特に「ヨコハマ」ファンのようなワビサビを理解できる旅好きの方は、なだらかな中にも起伏と季節を宿した光景に、心地良い驚きと喜びを感じられることでしょう。

 「ここが本当に、都内から2時間弱で来れる場所なのか…?」 と。



 僕自身も、ちょっとした店ときれいなトイレさえあれば、この近くをゆったり歩き、空を眺めるだけで、1日を余裕で使い切る自信があります。

 が、お察しの通り… この辺りには、そういう設備がほとんど無いのです。


 強いて言えば、1キロほど北に戻った金田湾の小さな漁港か、逆に南に1キロ行った江奈湾に、それぞれ、地元レストランとトイレがあります。

 もちろん、丘の東のほうまで進んでいる状態だと、さらに距離がかかります。

 仮に片道1.5キロとすると、ちょっとトイレに出かけるだけで往復3キロ歩く必要があり… これはちょっと、徒歩ではツラすぎますね。

 その不便さが、逆にこのすばらしい光景を維持している一因とも言えますから、文句ばかりも言えませんが…



 ちなみに、ありがたいことに、最近になってようやく、この十字路のそばにコンビニがオープンしました。 店内には、お客さん用のトイレも1つ用意されています。

 先日、それを頼りに バス停『松輪入口』 から、4キロ歩いてここまで辿り着いたところ…

 定休日 だったので腰をぬかしましたが。


 あったんですねぇ、コンビニに定休日(泣)

 こちらのお店の定休日は 水曜 です。 訪れる方はご注意ください。



 そうそう、トイレについてですが… もしかしたら、すぐそばの ガソリンスタンド の方が、貸してくださるかもしれません。

 自分は、まだ試したことが無いのですが…



 左に、この付近(主に北側)で見られる風景をいくつか並べてみました。

いつかあなたも、この風景に出会う日があるかもしれません…

(ちなみに、地面に埋もれた、丸い石の土台は「砲台跡」らしいです。
 第二次大戦中、日本を爆撃したアメリカ軍と必死に戦ってくれた、
 そんな先人への感謝がしみじみと胸に湧いてきます。)











 左上の写真は、付近の畑に捨てられていた大量のスイカです。

 数ができすぎると、こうやって肥やしにすんしかあんめーわけですね。

 都内では、これ1個で3000円ぐらいするので、この肥やしは数万円の価値があるわけですか。 物の値段の不思議です(笑)



 あと ちなみに、後日になって、「青いトタン屋根の小屋」 を付近で1つ見つけました。(太陽光がキツかったので、写真では黒っぽくなってしまいましたが)

 ただ、漫画内のものと形状が異なることや、位置的に合わない(本当に海のすぐそばにある)ことから、モデルになったのとは別の小屋と考えられます。 残念。





[ 戻る ]