■ 大楠山 (登山編)
神奈川県 横須賀市
【最寄】 京急バス 『 大楠芦名口 』 『 大楠登山口 』
『 前田橋 』
撮影 2006/10/10




 アルファさん自身が訪れたわけではないですが、風景として何度も登場する三浦半島の最高峰 『大楠山』

 といっても、標高はたったの242メートル
(ネットでは241メートルとの表記もありますね? 正しいのはどっち?)

 三浦半島自体が小さいので、そこに鎮座する山も必然ミニサイズなのでしょう。



 横須賀市の中央やや西、三浦半島のほぼ中央に位置し、遠方でやや見づらいことを気にしなければ、三浦半島の、そして『ヨコハマ〜』名所のほとんどを見渡すことが可能です。

(あらゆる場所から大楠山が見えるということは、大楠山からもそれらの場所が見える、という事ですね)



 三浦半島を愛する人々のために意図的に造られたのでは? というムチャな疑念が湧くほどに見事な位置取りは、それぞれの名所の位置関係を理解するのに最適なビューポイントです。



 今回は、その大楠山の山頂に至るための 「3つのコース」 について、ご紹介をしようと思います。























■ 『大楠芦名口 コース』



 おそらく最もメジャーなコースが、この「大楠芦名口コース」です。


 まずは、最寄りの 京急バス停 『大楠芦名口』 を目指します。

 確実なのは 京急新逗子 からのアクセスで、「逗6」系統に乗車します。
 「葉山 止まり」でなければ、どれでもOK。 1時間に5本程度のハイペースで出ています。

 京急の 『横須賀中央』駅 や 『三崎口』駅 などからもバスで行けなくもないのですが、本数が極端に少なかったり、途中での乗り換えが必要なケースがほとんどなので、京急バスに乗りなれている方でないとお勧めできません。


 さて降車後ですが、バス停すぐそばに京急ストア芦名店があるので、ここで準備を整えましょう。 山頂にも小さなお店がありますが、品ぞろえは微妙です。

 また、ストア裏にはきれいなトイレもあります。 登山道の途中1ヶ所と、山頂付近にもいくつかありますが、一番きれいなのはここのトイレです。



 それでは、登山コースに進みましょう。

 バス停から、北東へ200メートルほど歩くと、すぐに Y字路 が見えてきますが、右にカーブしていく大きな道路ではなく、直進する細い道のほうが「登山道」ですのでご注意を。 目立ちませんが、よく見ると案内もあります。


 山頂の展望塔までは、ここから道なりに3キロ。 ジャリ混じりの舗装道ですが、自動車も通れるほど広い登山道です。

 そのため、「登山」と呼ぶにはあまりにも難易度が低い道ですが… 手軽に山頂にたどり着ける意味では、最高のコースといえます。



 途中、山あいの谷を一望できたり、南方面を見渡せる場所もありますが、基本的に木々のトンネルの中を歩き続ける感じです。

 山頂の展望を楽しみに、鳥の声のBGMを味わいつつ行きましょう。



 ちなみに、山頂付近の駐車場から、山頂へと上がる最後の階段は、僕が初めて訪れた2003年10月には、段差が大きくボロボロな代物だったはずなのですが… 2005年秋ごろに訪れたところ、使い勝手の良いものに新設されておりました。























■ 『阿部倉 コース』



 メジャー度では「芦名口」に劣りますが、『大楠登山口』 というバス停のストレートな名前が示すとおり、比較的「登山ぽい登山」が楽しめるコースです。


 アクセスですが、やはり確実なのは 京急『新逗子』 からのバスで、「逗15」系統、『衣笠駅』行きに乗車しましょう。 1時間に2本程度のペースです。



 バス停で降車してからの道順の説明が、ちょっと難しいのですが…

 とにかく町の中を南に向かって400メートルほど進んでください。 よーく見ると途中に案内もありますが、木々にまぎれて見落としそうになる物もチラホラ…

 やがて、広いすり鉢状の草原が見えてくるので、右(西)にグルリと迂回するように進みましょう。


 横浜横須賀道路 のそばまで来れれば、しめたもの。 
やがて、道路の下をくぐれるトンネルが見えてきます。

 くぐった すぐ先に唐突に公衆トイレがあり、一見無関係な一般道に見えても「そういうニーズ」のある道(登山道)だということが分かります。
(初めて訪れた時、やや迷いかけていた自分は、このトイレを見てどうやら登山道に辿りついたことを確信し、ホッとした記憶があります。)



 トイレのすぐ西には、森の中へと続く細道が… これが登山道です。

 あとは、道なりに山頂を目指しましょう。

 三浦らしく、所々湿ってスベりやすい箇所もありますが、ふりそそぐ木漏れ日や、道に沿う小川のせせらぎの心地良さはすばらしいです。


 何ヶ所かある分岐点では、「山頂」への道を選べばOKです。
途中からゴルフ場の脇を通るため、風情が壊れるのが惜しい道です…


 ゴルフ場を離れてしばらくすると、ちょっと分かりにくいですが山頂への階段があります。 ここを登れば山頂です。







■ 『前田橋 コース』



 大楠山登山コースの中では、おそらく一番難度が高い道です。


 最初のうちは、小川(前田川)のそばに造られた木製の歩道を進むなど、ゆるやかで心地良いコースなのですが…

 斜面を登り始めると、状況は一変。 道が極端にせまい上に整備があまりされておらず、草とドロにまみれながら、たまにスベりそうになる恐怖と戦いながらの、登山らしい登山(泣)が満喫できるコースです。


 僕は、2003年に一度だけ、山頂からこのコースを使ったことがありますが、「もしや登山道から外れてないか? 自分…」 と、道中何度も心配になった思い出があります。



 2006年秋に、このページを作るために、久しぶりに「前田橋コース」に入ろうとしたところ、なんと 通行止め となっており、そばには左写真のような告知が…

 生まれ変わってしまうようです、「前田橋コース」。
それはそれで寂しいかな…


 いつか機会を見つけて、新生「前田橋コース」を体験してこようと思っています。





[ 戻る ]