■ 「!きっ」
    のカーブ
神奈川県 横須賀市 長井
【最寄】 京急バス 『 赤羽根 』
撮影 2007/09/08 ・ 2008/02/16




 記念すべき第0話で、ヨコハマへとバイクを駆るアルファさん。

 物思いにふける彼女が、唐突に 「!きっ」 とブレーキをかけて急停車。
以前は通れた道が、今は水没し、通行不可能になっていたのです。


 さて、アルファさんがブレーキをかけたこの水辺は、一体どこだったのでしょう?
漫画内から得られるヒントは、以下のとおりです。


 ・17ページ上のコマの標識から、道路は 『国道134号線』
  ゆるいカーブを右折しつつ、曲がりきった所で「水没」に気がつく。

 ・おじさんのガソリンスタンド (初声町付近?) から、物思いにふけりながら
  しばらく走っているので、最低でも2〜3キロは進んでいると思われる。

 ・18ページ上のコマから、水没地帯はあまりアップダウンが無く、
  視界の開けた平地 が広がっている様子。

 ・前方やや右に 大楠山 があるため、
  真北から わずかに西 を向いているらしい。

 ・水没した「本来の道」は、画面奥にほぼまっすぐのびている。
  また、道路の両サイドはかなり広い範囲で水没している。









 以上のヒントをまとめてみると、

『大楠山よりある程度離れた、南の、国道134号線上で、ゆるいカーブの後に長い直線が続く、夕凪時代に順次水没の可能性のある標高10〜15メートルの広い地面の中を通る道路』 という事になりそうです。


 と、すると、134号線 を北上して、三浦市 から 横須賀市 に入ったばかりの、長井1丁目一帯 ではないでしょうか?



 ただ、この推理には矛盾もあります。

 まず、アルファさん手持ちのマップによると、ここより南の 初声町 入江 が すでに水没しており、途中経路が不明なのは疑問です。

 また、長井1丁目には、道路の右側に低いながらもがあり、これも漫画内の描写と矛盾しています。



 とはいえ、現時点で最も有力な場所という事で、今回資料をまとめてみました。
他にお心当たりのある方は、情報をご提供いただければ、と思います。






 それでは、現地へのアクセスです。

 最寄は、京急『三崎口』 から、バスで3キロ北上した場所にある、バス停 『赤羽根』。 「三崎口」駅から北に向かうバスなら、どれでも到着するはずです。
(ただし「ソレイユの丘」行きだけはノンストップ直行らしいので、多分ダメです)


 下車して北を向くと、件のカーブが目の前です。


 200メートルも歩けば、平地が広がり、彼方に大楠山を望めるでしょう。

 カーブを曲がる瞬間、心の中で「!っき」とブレーキ音を奏でれば、アルファさんを追体験できます(笑)











 前回の調査 (ここより上) は真夏で、空気中の水蒸気に やや風景をさえぎられてしまいましたが… 今回は真冬 (2008年2月) のバスの中からの撮影です。

 今日はバッチリ、大楠山を目視できました。


 この見え方…

 これはもう、「!きっ」のカーブ のモデルは、この道と考えて間違いないのではないでしょうか?



 元々、このカーブの所在は、「!きっ」のカーブ を探していた知人のちーそんさんの依頼で、地図から大ざっぱに導き出したに過ぎないものでした。

 が、今回の写真と漫画内の構図が近似である事…

 そして何より、この後、長井経由で まで、徒歩で風景を確認していったところ、国道134号線内で、「右曲がりの ゆるいカーブの直後に このような見え方をする箇所」 は、ココを除いて存在しないことが判明したのです。

(もっとも これは、長井付近で渋滞になってしまったので、仕方なくバスを降り、徒歩で を目指した結果なのですが…
 ちなみに、バスを降りた直後に、それまで渋滞していた車が流れだして、降りたバスに抜き去られたときはショックでした(苦笑))




 というわけで、半年以上お待たせしましたが、「!きっ」のカーブ の所在が判明しました、ちーそんさん。 ちーそんさんの推理していた武山駐屯地(長井〜林 区間)は、残念ながら、ちょっと方角が合いませんでした。(左側の、下の写真)

 ちーそんさんご自身で探す楽しみを奪ってしまったようで申し訳ない気もしますが、後日 機会がありましたら、ぜひご自身の目でも確認してみてくださいね、「!きっ」のカーブ








 ちなみに、「134号線は三浦海岸側にものびている。 そちらは候補に入れないのですか?」という意見もおありでしょうが…

 残念ながら あちらでは、「漫画内の風景との矛盾」 が発生してしまうのです。



 たしかに、単純に「道路の雰囲気」だけから考えれば、僕の調べた限りで「2ヶ所」を候補に挙げることはできます。

 引橋交差点から三浦海岸に700メートル下ったバス停『神代』の先のゆるい右カーブと、三浦海岸へあと一息のバス停『南下浦郵便局前』付近が、それです。


 が、前者はかなり標高が高く、こんな所まで海面が上昇したら、カフェアルファまで確実に海の底です。

 また後者は標高的にはイイ線行っていますが、カーブを曲がる前の直線道路の時点で、すでに大楠山が視界の左に位置してしまっています。 これで右にカーブしようものなら、おそらく大楠山は視界から外れるでしょう



 以上から、三浦海岸側の 134号線 は、「!きっ のカーブ」 のモデルではない… というのが、現時点の僕の意見です。








 2014年5月に、久しぶりにこの道の場所を、「アルファさんのロードマップ」 を元に検証しなおしてみたのですが…


 やはり、可能性が高いのは、自分の推している 長井1丁目一帯 だと、我田引水ながら再認識しています。

(もちろん、この場所の南にある 「初声町 入江」 が すでに水没しているらしい点に関しては、主張するうえで大きな矛盾点であることは承知していますが)




 というのも、一部の人たちが かたくなに主張している (ちーそんさんの事ではありません) ように、この道が 武山駐屯地のそばの直線道路 だとすると、

 「アルファさんのロードマップ」 と大きく矛盾してしまう からです。





 赤い線が、「武山駐屯地のそばの直線道路」。

 青い線が、僕が主張している 「長井1丁目」。
 (延長方向を分かりやすくするために、線を南方に長めに書いています)

 そして、緑の丸が、「大楠山」 です。



 マップで見ると一目瞭然で、

「武山駐屯地のそばの直線道路」 の延長上には、
大楠山 は存在しません



 この点からしても 「武山駐屯地のそばの直線道路」 は、ちょっと 「きっ!のカーブ」 のモデルとは考えづらい と見ています。



 そもそも、ロードマップを よーく見てみると、
「武山駐屯地のそばの直線道路」 には、「水没」 を示す灰色のトーンが、スタート地点(南端) から すでに かぶさっています し…





[ 戻る ]