■ 印象的な塔
東京都 西東京市 芝久保
【最寄】 西武新宿 『 花小金井 』
撮影 2007/11/15




 「荻モーター」でバイクをチューンナップしたココネが、その心地良さにちょっと遠出した先で立ち寄った、以前から気になっていた印象的な塔

 その描写から、21世紀に実在する建造物であろう事は予想がついていたのですが、それが 『スカイタワー西東京』 だと知ったのは、半年ほど前、他人さまのページによってでした。

 ココネに合わせて、日没近くに天候の良い日を待ちつづけ、ようやく先日、訪れることがかないました。



 当初、タワー最寄の西武新宿『花小金井』(タワーまで徒歩1.5キロ)で降りる予定だったのですが、1つ前の『田無』からすでにタワーが目視でき、しかも「花小金井」に近づくずっと前に通り過ぎてしまいました。

 そこで一か八か、『田無』駅から降りてタワーを目指すルートに変更。

 付近の拡大地図が無く、タワーまでの歩行距離が分からない不安もありましたが、新青梅街道ぞいだという事は分かっているので大丈夫だろう、と…(笑)

 また、ココネが最初にタワーを見るシーンは、タワーの東側。 風景を追う以上、必ず田無方面には歩く必要があるので、一石二鳥と考えたのです。

 結果を先に言えば、バッチリ予想通りでした。



 というわけで、今回は西武新宿『田無』から『スカイタワー西東京』を目指し、さらに西へと進んだ徒歩の旅をダイジェストでご紹介します。


 なお、今回は徒歩によるルート紹介オンリーですが、付近には西武バスも運行しているようです。 皆さんご自身が出かけられる際は、バスも検討されてみてはいかがでしょう?






 西武新宿『田無』 を降り、北口から北へ500メートル進めば、新青梅街道に合流します。


 あとは、延々と西を目指すことになるな… などと思いつつ少し進むと、あっけなくスカイタワーが視界に入ってきました。

 実はこの道路、この付近でなんと3キロ以上も、ゆるがぬ直線が続いているため、街道ぞいのスカイタワーは、かなり離れた場所からでも目視できるのです。


 それにしても、3キロも純粋な直線道路が続くとは…
同じ都内とはいえ、23区とは全く別の土地… というのが正直な感想です。









 さて、塔が見えたから、あとは漫画中のコマに近い距離を探しつつ撮影しようかな… と軽く考えていたのですが、歩き始めて愕然!

 なまじ真正面に位置するせいで、歩道からだと、街道の両脇に並ぶ街路樹にはばまれて スカイタワーがクリアに目視できないのです。

 点在する歩道橋交差点が、数少ない 「視界の開けた場」 になるので、その中からコマ内の風景に近いものを選ぶしかないですね。


 その1つが、西へ1キロちょっと歩いた所にある『交差点』
(名前は不明。 西原3丁目と4丁目の境にあります)

 ここから眺めると、タワーのシルエットが、13巻・140ページのそれに かなり近くなってくれます。


 なお、左の写真は、漫画内の雰囲気に近づけるために、空に露光を合わせたのを使用しています。

 実際の光景は、もちろんもっと明るいです。






 これは、先ほどの交差点からさらに400メートル進んだ所にある、『西原小学校』そばの歩道橋からの写真です。

 小学校に沈みゆく夕日と、シルエットのスカイタワーが美しいですが、タワーの足元のゴルフ練習場の網がジャマだなぁ…








 田無駅から、2キロちょっとを歩き、ついに 『スカイタワー西東京』 のほぼ真下に到着しました。

 ちなみに、漫画内の雰囲気などを度外視して、単にこのスカイタワーに訪れたいだけであれば、西武新宿『花小金井』 で下車して、北東に1.5キロ歩くだけでOKです。


…て、本当にジャマですな、足元のゴルフ練習場。(こらこら)



 スカイタワーの高さは、195メートル もあるそうで、その無骨な外観も相まって、かなりの迫力があります。






 タワーの西側に移動すると、今まで逆光でほとんどシルエットと化していたタワーが、ほんのりとオレンジに染まって、実にやさしく暖かい色合いに…



 実は、このタワー。 夜間(午後6時以降)になると、明日の天気によって異なる3種類のカラーでライトアップされるとか…

 見てみたいものですが、この自動車の往来の激しい場所で1時間以上も立ち尽くしているのもつらいので(苦笑)、今回はこのまま、ココネのバイクの行き先を追って、さらに西へと進むことにしました。






 タワーがじょじょに低くなり、建物の陰に見え隠れするようになってきました。

 写真は、タワーから1キロほど西に進んだ、『花小金井4』交差点の手前で撮ったものだったと思います。


 ココネ曰く、夕凪時代には「低い木が生い繁るばかりの場所」になるそうですが、現在は自動車が行き交う、実に騒々しい道路です。

 その自動車たちも、平日の夕方前という事もあってか、ただもう1秒でも早く目的地に着きたがっているギスギスした運転者のストレスが、エンジン音の抑揚から手にとるように伝わってきて、憐れですらあります…








 西に進むにつれ、建物などがジャマして、タワーも見えづらくなってきました。


 タワーの西1.7キロ辺りで、『やよいほどうきょう』なる歩道橋があったので、上ってみることに…

 この歩道橋からのタワーの見え方は、「なんだか不安になってきて 止まった」ココネの背後に見えているそれと、よく似ていますね。


 はっ! ということは、ここで西を振り返れば、「ココネが見た夕暮れの山々」が見えるのでは…?


…と、期待して振り返ってみましたが、山影はさっぱり見えませんでした(泣)



 もっと空気の透明度が高い日なら、見えるのかもしれません。

 次回の楽しみに とっておこうと思います。






 スカイタワーを気軽に楽しめる西限は、先ほどの「やよい歩道橋」あたりと思われます。

 というのも、タワーから丁度2キロ西に行った『滝山南』交差点の直前辺りで、新青梅街道が本当に微妙〜に北へカーブ(と言えるのかどうか迷うほど微妙)するせいで、タワーが街路樹などに隠れて完全に見えなくなってしまうのです。



 したがって、今回の僕の旅も、ここで終了としようと思います。

 これが アルファさんだったら、この交差点よりもっともっと先まで行って…
気づけば辺りは まっ暗になっちゃうのでしょうね(笑)



 写真の交差点は、『錦城高校』 の北に位置し、最寄駅は西武新宿『小平』になります。 駅は、ここから南西に1.5キロちょっとです。








★ちなみに、今回のバイク旅行…
ココネにとってはどれぐらい長距離旅行だったのでしょうか?


 「荻モーター」は当然、ココネが徒歩で行けるようなアパートの近所と考えられますから、『上高井戸一』交差点をスタート地点と考えると…

  「上高井戸一 交差点」 (スタート地点)
  ⇒ 「四面道 交差点」 (環八 経由)
  ⇒ 「北原 交差点」 (青梅街道 経由)
  ⇒ 「やよい歩道橋」 (新青梅街道 経由)

で、計15キロ。 往復で30キロです。



 そして、ココネたちのバイクの速度ですが…

 これは多分、作中の描写から、自転車で走っている時と同じぐらいの 時速15キロ前後ではないでしょうか?



 以上から考えると所要時間は、片道 1時間

 1つの乗り物に乗っていて、そろそろ飽きるというか、不安のようなものがわいてくるぐらいの時間と言えそうです。



 日が暮れて不安になってきたココネは、帰宅のためUターンしますが、家に着くのが日没後1時間程度なら、まだまだ宵の口では…? という気もしないでもないですね。

 もっとも、夕凪時代は外灯もほぼ皆無のようなので、きっと近辺はアッという間に、そして恐ろしいほど暗くなるのではないでしょうか。





[ 戻る ]