■ 浜松
静岡県 浜松市
【最寄】 東海道新幹線 『 浜松 』
撮影 2005/02/12 ・ 2007/12/21 ・ 2009/01/14




 エンジンの街 浜松 は、ナイの仕事場があり、タカヒロも上京(?)した、夕凪時代の一大都市です。


 マッキ曰く、「とんでもなくでかい町で、人がうじゃうじゃいる」 そうですが、夕凪時代の三浦で育ったマッキの感想ですから、地元の100倍と見積もっても、多くてせいぜい10万人程度ではないでしょうか?


 不思議なのは、21世紀の 浜松 という土地は、西に 浜名湖、東に 天竜川 を持つことからも推測されるとおり、市内の大部分の土地が低い… したがって、夕凪時代には大半が海の底になると考えられる町です

(ただ、市街地北部は高台になっていて、この一帯は残るようです)



 なぜそこが、水没時代に繁栄できたのか?

…て、それはもう、バイク好きの芦奈野先生にとって、バイク関連の工場が大量にある浜松が 聖地 だからに他ならない、と考えます。

 こういうお遊びもまた、作者の特権と言えるのではないでしょうか?


 というわけで今日は、芦奈野先生の心の首都 『浜松』 をご紹介いたします。










…と、鼻息荒く始めてはみたものの、走る新幹線の車窓から撮った 浜名湖 の写真が、手元の精一杯の資料なのですが… (ゴメンチャイ)


 いつかはジックリ訪れてみたい とも思うのですが、浜名湖以外、一般人が訪れる目的が見当たらない中途半端な町、浜松

 実現するのは、いつの日のことやら…












 2007年12月と、2009年1月の帰省時に、同じく浜名湖を新幹線の車中から撮影したものです。


 今は、これが、せいいっぱい…








 一番上の文章を書いたのは、2007年11月だったのですが、それから6年半経った 2014年6月にあらためて調べてみたところ…

 天竜川近辺に工場が配置されている ヤマハ は、大半が水没するようですが、丘の上に巨大な工場を持っている ホンダ は、夕凪時代でも操業が可能 なようですね(笑)


 そして、このあたりが 首都 になっていくのでしょう。




 (上図は、夕凪時代の海面を青く塗ったものです。
 赤い丸があるあたりが、ホンダの工場
 その右下が浜松市街地、左が浜名湖になります。)






[ 戻る ]