■ 西の岬
           (黒崎 ドラマ撮影編)
神奈川県 三浦市 初声町 下宮田
【最寄】 京急 『 三崎口 』
撮影 2007/05/09




 『黒崎の鼻』 が、たびたびドラマや映画の撮影現場に使われる…

 そういう話はたしかに以前から聞いてましたが、そういったものに特別興味も無い自分にとっては 「出会いたくない」 「勘弁してくれ」 というレベルのものでした。

 黒崎鼻の、やわらかい芝生の上に腰かけ、海からのゆるい(たまに強い)風を受けながら、寝転んで見上げる空(たまに夜空)… 彼方からトンビの声…

 それが、自分が求める「黒崎の鼻」の全てだったのです。



 しかし、2007年5月9日

 ついに、その日が訪れてしまいました。



 午前中〜昼過ぎまで、久里浜・野比方面 のヨコハマ物件の写真撮影をしていた自分は、『三崎口』 から 黒崎周辺の撮影もかねて、久々に「黒崎の鼻」に向かっていました。

 付近にトイレや店が無く、駅から往復4キロもある「黒崎の鼻」は、キチンと準備しておもむく必要があり、2006年10月から半年ほど疎遠になっていたのです。

 でも今日は、GWも終わり、人出も減った三浦半島…
 黒崎鼻のようなマニアックな場所に、人のいようはずがありません。

 「黒崎鼻の情緒、独り占めか、ふっふっふ…」 と、上機嫌で海辺に向かっていた自分の目に、しかし、見慣れないものが映りました。



 ご存知の方もあると思いますが、黒崎鼻へと降りていく細道の南側には、簡素ながらもちょっとした駐車スペースがあるのですが…

 そこに、マイクロバス が停まっていたのです。


 「なんだろう…? 何かの小規模な観光ツアーかな…?」 等と思い、この時点で ある程度の観光客の到来は覚悟していましたが、

岬に行ってみると、そこには さらに見慣れない光景が…


 10名ほどの 警官・刑事 らしき者たちが、丘の先端にたむろしていたのです。



「おいおい、事件かよ…」
「人の昼寝スペースを何だと思っているのか」


など、ものすごく身勝手な思惑 が自分の中で交差しました(苦笑)



 が、事件にしては、個々の様子が それほど緊張していません。
捜査しているというより、「何かを待っている」ような気配があります。

 そもそも、付近にパトカーなどいなかったし…



 ふと思い当たって、丘の下、波打ち際の岩場を見下ろしてみると…

 やはりそうでした。 撮影機材とスタッフ。 丘を見上げるカメラ。

 ドラマ(映画)撮影 だったのです。



 俳優・スタッフ、合わせて30人はいるでしょか?

 「黒崎鼻」の静かな雰囲気が木っ端微塵です…

 楽しみにしていた静かでおだやかな昼寝への夢が音を立てて崩れ、半泣きになっている僕がそこにいました…






 寂しい気持ちで、丘の上の少し陸寄りの芝生に座っておにぎりを食べていると、スタッフの人間が 「すみません、カメラに入ってしまうので、奥に移動していただけないでしょうか?」 と頭を下げてきました。

 「こちらでしたら大丈夫ですので…」 と、近くの草むらの陰を指定されました。


 駄々をこねるのも大人げないし、スタッフは礼儀正しかったので(こういう誘導に慣れているのでしょうね)、移動することに…



 いつもなら、言われる前に察して場所をあけてあげていたと思うのですが、やはり自分の中に 怒り があったのでしょう…

 また、丘の上でウロウロしているだけのスタッフの様子から、「撮影はすでに終わって、片づけの段階に入っているのでは…?」 という期待もあったのです。

(実際は、「これから」撮影だったわけですが…)




 撮影しているのは 「殺人事件の現場検証」 のシーンらしく、若い女性3人(被害者の知人役?)が息せききって現場に駆けつけ、「入っちゃいかんよ、入っちゃ!」 と刑事たちに制止される場面を撮影しているようです。


 僕が隠れて座っているそばから、その3人が現場に駆けていくのですが…

 先ほどの誘導の一幕の際に、3人のうち1人が 「どうもすみません…」 と声をかけてきたのが、たいへんに好印象でした。

 残り2人は挨拶なしでしたが…

 というか、「こっちは撮影で大変なんだよバーカ。 とっととどっか行けオッサン」ぐらいの雰囲気だったように記憶しています。 何様だ このアバズレどもが。

(すみません 怒りのせいでかなり印象が悪化している可能性は否めませんので、話半分に聞いてください)



 ちなみに、俳優・芸能人にさっぱり疎い自分には、彼女たちの名前はさっぱり分かりませんでした。

 礼儀のシッカリしていたあの人の名前だけは少し知りたかった気もするのですが、それも分からずじまい…






 撮影はまだまだかかりそうなので、しかたなく丘を降りて、岩場の先端に行くことにしました。


 途中で、頭から流れた血が、顔面に赤黒くかたまった人が、海辺でタバコを吸っていました。 死体役の人で、出番待ちなのでしょう…

 写真に撮ろうかな?とも思いましたが、なにやらジンワリと気の毒で(笑)、それは思いとどまりました。


 が、なんとも哀愁ただよいすぎているその背中が良くて、フッと声をかけてしまいそうになったりも。

 僕は旅先では1人になるのが好きで、他人に自分から声をかけようとするのは非常にマレな事なのですが、疲れた体を引きずって昼寝場所に来たのに、その安息の期待を破壊された… そんなショックからの寂しさが、孤独な彼の背中に共感を求めたのかもしれません、とか、その場で自己分析している自分に気づいて、苦笑したりも(笑)


 でも結局、声はかけませんでした。

 出番待ちの間の役作りか、それとも生来のものなのか… 彼から漂う独特の孤独感を、壊したくないというか、いたわりたいような気持ちが湧いたので…

(左の写真の中央、グレーの背広を来た男性が、上記の「血のり男」です。 メイク前です。 この人についても、ちょっとお名前を知りたかったなぁ…)






 この後、撮影が終わって帰ってくれるのを期待しつつ、岩場の先端の、丘からは隠れる波打ち際のクボミに座って海を眺めていました。

 しばらくすると、丘のほうから、岩場中に響くような声量で 「キャーー!!」 という絶叫が…

 先ほどの女性たちのうち誰かが、事件に巻き込まれるか何かのシーンの撮影を始めたようです。


 何度もリテイクされたようで、10回ぐらい叫びなおし、最後のほうは 「キャーー」 がかすれてしまっていて、ちょっと聞いててかわいそうでした。

 岩場を背に座って海を見ていたので、どういうシーンかは不明ですが…




 結局、1時間近く経っても撮影は終わらなかったので、岩場での昼寝はあきらめ、泣く泣く帰ることに…

 そのまま 東京 に帰るのもシャクなので、半島の先端の 『剱崎灯台』 まで足をのばし、そこで一眠りしてから帰宅しました。

 こういう「出会い」は、次回以降は勘弁してください…(泣)


(今回、人物に目消しを入れていませんが、それで済む写真ばかりを選択しました。 3枚目は微妙ですが(笑))





[ 戻る ]