■ 子海石診療所
   からの帰り道
神奈川県 三浦市 南下浦町 金田
【最寄】 京急バス 『 役場下 』
撮影 2007/03/14 ・ 2008/02/16






 第4話アルファさんは、雷にうたれてケガをするという 大事件 を起こします。


 このとき、アルファさんの治療のために訪れたのが 子海石診療所 で、完治して退院したアルファさん一行が帰っていくのが、1巻・100ページの大ゴマです。



 さて質問です。 この大ゴマで描かれている場面は、一体どこでしょう?


 『えっ、野比海岸でしょ? 違うの??』

と、思われたあなたは、ぜひ以降の紹介をご覧下さい。



 僕が初めて 野比海岸 を訪れたのは、2007年3月

 『京急久里浜』 から 『YRP野比』 までの6キロ弱を歩いた旅の本目的は、若かりし日の子海石先生たちが、かつての渋滞道路 を見に出かける際に待ち合わせした場所 (ORANGE FOOT) を、撮影してくることでした。



 が、サブ目的として、「1巻・100ページのコマ」の舞台となった場所の風景も、写真に収めてくる予定だったのです。

 某サイトで、この付近の光景が 診療所からの帰り道 として紹介されていたのを、事前に見て知っていたからです。

 で、紹介されていたのと同じ場所に辿り着き、そこから西を向いた景色を撮影して帰宅しました。



…が、帰宅して写真を眺めていた僕は、ちょっとおかしなことに気づいたのです。

 それは、写真の風景と、漫画内の風景の 違い です。


 たしかに、この道路からの風景は、「海沿いの、景色の良い直線道路」 という意味では、漫画内のそれと とてもよく合致しています。

 ところが、よくよく写真を見てみると、彼方の陸地が、はるか左(南)のほうまで広がってしまっている のです。



 これは、左(南)のほうに 金田湾 に沿った海岸が ずっと続いているのですから、当然なわけですが…

 それでは、ここで もう一度、1巻・100ページをご覧下さい。

左端で、海岸が途切れている ことにお気づきでしょうか?



 また2枚目の写真は、進行方向の半島の形をロング撮影したものですが、漫画内のコマに比べてあまりに平べったすぎます。



この海岸道路は本当に、「1巻・100ページの大ゴマ」の舞台なのだろうか…?

 僕の中に、疑念(?)がわいてきました。






 そんなモヤモヤした思いを抱えたまま、半年以上が経過した2007年11月に、転機が訪れました。


 キッカケは、逆転の発想でした。


 野比海岸 を含むあの一帯の国道134号線の向きからして、どう考えても同一の光景はありえません…


 それなら逆に、

 地形のみに着眼して、あの付近で、あの大ゴマの風景に合致しそうな場所を探してみてはどうだろう…?』

と考えたのです。



 これについて、実は1つだけ心当たりがありました。

 三浦海岸 の南1.5キロ、バス停でいうと『役場下』あたりから、南の雨崎方面を見ると、この大ゴマのように見えそうな気がするのです。



 でも、あの付近の写真て持ってないしなー… と、デジカメ写真のフォルダをあさっていたところ…

何の間違いか、
 「砂浜から雨崎方面を撮った写真」があった
のです!




 撮影日時を確認したところ、『変に青く波のない水面』 のモデル地である谷を撮影後、バス停『役場下』でバスを待っている時間が手持ちぶさただったので、本当に何気なく撮影したもののようです。

 偉いぞ自分。 男やわアンタ。



 で、試しにチョチョイと3枚の写真をつなげてパノラマにしてみたところ…

 おお! 何か、とても それっぽく見えるではないですか!


 横に大きく広がる丘の形状もですが、自分が気に入ったのは、中央やや左から続く、浜のカーブに沿うように並んで出っぱる短い丘たち…

 あの大ゴマの地形描写に、似ている気がするのです。














 さあ、情報はそろいました。 あとは撮るのみ。

 という事で、まずは 2007年の12月中旬、三浦海岸の小さなホテルを予約して挑みましたが…

 見事に玉砕、撮影を断念しました(泣)


 カメラに詳しい方ならご存知でしょうが、南向き海面近くの地形を撮影するのは、実に困難なのです。 太陽の高度の低く、水蒸気がジャマをするせいで、モロに逆光になる上に散光してしまうからです。

 無理に撮影しても、真っ黒な陸地になるか、まばゆすぎる白い空が撮れるだけ… そんなの悲しすぎるYO!

(左写真の上2枚が、その日の朝の、ホテルのベランダからの風景です。
一見 よく晴れているようですが、地上付近の水蒸気がけっこう濃いのがお分かりになるでしょうか?)





 その後は、空気の透明度も含めて条件の良さそうな日を、天気図をジッ… と眺めつつ、待つこと2ヶ月…

 そして、2月の ある寒い朝。

 ついにようやく、撮影に適した その日がやって来てくれたのです!



 というわけで、撮ってまいりました、遠景の 雨崎。(左の、一番下の写真)


 こうして見ると、空気の透明度が良かったことが、逆に表面の凹凸をハッキリさせてしまい、漫画内のような優しげな雰囲気を壊してしまっている気がします。

 むしろさっきの、曇りの日に撮った写真のほうが、霞みでほどよく遠近感が出て、美しく感じられるほど…

 うむー… 風景写真は、本当に難しいですね。



 でも、この地面の起伏。
例の大ゴマとなかなかに近似と思えますまいか?(笑)








 大ゴマからも分かるとおり、夕凪時代の道路は海面上昇にともない、旧道より10メートルほど上のほうに新設されています。

 つまり、大ゴマと同じようなアングルを得るには、ちょっと高台にのぼる必要があるわけです

 そして、バス停「役場下」付近には、おあつらえ向きに、湾岸道路からさらに10メートルほどの高さの丘があるのです。



「もう、漫画内のアングルは獲得したも同然じゃんww」 と登ってみたところ…

 漫画の大ゴマに近いアングルを得るには、他人さまの畑の奥深く(約100メートル)まで入らなければならないことが判明しました(泣)


 私欲のためにそこまでやっては、ファンである前に、社会人として失格…
無念ですが、やや丘の内側にある農道から眺めるのが精一杯でした。


 そうやってかろうじて撮った今回の写真は、やはり丘の端から離れてしまっている分、漫画内の風景とかなり角度が異なってしまっているのが悔やまれます…






 なお、この日は、以前 『変に青く波のない水面』 の撮影で訪れた谷間の中にある、小さな丘の上からの撮影も行いました。

(実はここも他人さまの畑らしいのですが、トラクターが通れるぐらいの道が中央を走っており、そこから撮影させていただきました)



 丘の盛り上がり具合が大ゴマのシーンと近い感じでうれしいですが、距離はさっきの場所よりさらに近くなっており、さすがにこれでは「近すぎます」ね。








 こうして、1年近く追いつづけた場所のモデル地が判明したわけですが…

 1つ、謎が残ります。


 野比子海石診療所 から帰ってきたアルファさんたちが、どうしてまっすぐ 西の岬 に向かわず、途中で左折してこんな所を走っているのでしょうか?



 そして、思い当たりました。

 アルファさんたちは 南町 に向かっているのではないでしょうか?



 入院を終えて、3日間買い控えていた生活用品と… そして、ささやかな退院祝いの買い出しに出かけた、と考えれば、ほんのり納得できる気がします。

 「軽ーく祝いたいけっど、退院したばっかのアルファさんにコーヒーいれさせんのも悪ぃしなー」 という感じで、おじさん が気を利かせたという所でしょうか?(笑)






 最後にアクセスです。


 『三浦海岸』 から30分に1本ペースで出ている、『剱崎』(あるいは『三崎東岡』行きのバスに乗り、バス停『役場下』 で下車。

 砂浜におりて南を眺めると、件の景色が楽しめます。



 また、バス停から100メートルほど北に戻ると、丘の上へと登る細道もあります。

 が、先述のとおり、「他人さまの畑のせいで海側に近づけない」ため、漫画内のようなアングルはちょっと期待できないと思います。


「この丘が、夕凪時代には削られて道路になるのだ…」 と、地元の方に大して失礼な妄想を、バレないように思い描くにとどめるのが、無難かと存じます(笑)





[ 戻る ]