■ 谷の道 (道志みち)
神奈川県・山梨県
【最寄】 不明
撮影 2014/09/15




 第71話 『谷の道』アルファさんが、「公園の街路灯のような植物」 を見るために立ち寄った場所…

 国道16号線 を北上しつつ、八王子 までは行かず、谷に入り、富士山 への近道でもある道路といえば…


 国道413号線 (道志みち) をおいて他にないでしょう。


 実際、道中の提灯の表面には、まばゆい光の中に かろうじて、「道志みち」 という表記が読みとれます。




 国道413号線と ハッキリ正体が割れている のだから、あとは漫画内のコマと同じような風景画像さえ入手できれば、簡単に紹介ページが作れるなw と考えた僕は、早速 意気込んで制作に取りかかったのですが…


 これが実は、予想外に難敵だったのです。







 「道志みち」 こと国道413号線は、神奈川県の相模原市と、山梨県の富士吉田市 (山中湖のあたり)を結ぶ道路で、途中、山あいのクネクネ道を、約50キロ 走るかたちになります。


 つまり、この50キロの中から、漫画内と同様の風景を探し出せばよい わけです。



 といっても、直接 自動車で行くと大ごとになりますから、

 ネットで 「Google ストリートビュー」 にアクセスし、これで疑似ドライブを楽しみながら、ヨコハマ風景を採取しに行くことと致しましょう。 るんるん♪


 JR 『橋本』 のすぐ西から、ドライブスタートです!







 …で、2時間後。 ドライブ終了…





 あれれ・・・?


 漫画内と同様の風景なんか、無かったんですけど…???






 たしかに国道413号線は、両側を山や丘にはさまれた道だったのですが…

 その両サイドの山々が、漫画内のようにググッとせまっておらず、結構 距離が開いてしまっていたのです。


 漫画の風景では、アルファさんの視線の先にあった両側の山々は、互いが中腹あたりで すでに重なってしまっているほど近くにあったのに、

 僕が見てきた、現在の「道志みち」の谷の風景は、ほとんどがV字型…

 山同士はせいぜい、道が曲がっている場所で、遠目に「最下部だけが重なっている」程度でしかありませんでした




 そして、もう1点気になったのは、

 この道は先述のとおり クネクネした箇所が多いので、

 僕が見てきたかぎり、アルファさんが眺めていた風景のような、「長い直線を一望できる場所」 が存在しなかった のです。



 ここは本当にモデルになった道なのか…??







…と疑問を持ったものの、

漫画内の説明や、提灯に書かれている文字は、明らかに 「道志みち」 がモデルであることを示しており

場所自体が間違っている可能性は、ちょっと考えられません…



 だとすれば、漫画内のこの道は、(おそらく富士山の大噴火によって) 現代のそれと形状が変わっていたり、元々あった道が使えず 新たにバイパスを増設 したりしたのではないでしょうか?


 そう考えて、あらためて 「国道413号線ではないけれど、その近辺に隣接・並走している小さな道」 に関しても、可能な限りチェックしてみたのですが…

(奥相模湖の東の 県道76号 や、道の駅近くの 県道24号など…)



 結局、「これだ!」 と断言できるポイントは見つかりませんでした。






 以下は、そんな中でも、比較的 「漫画内の風景に近いのでは?」 と思われた箇所をピックアップしたものです。


 よろしければ、参考までに ご覧ください。






 これは、「道の駅 どうし」 の南西すぐのところの風景です。
 右の山はいい感じですが、左の山がちょっと低いですね…








 ほぼ中間地点の 「大室指」 というところで、小さな道を少し北に入ると、
 橋を越えたところに現れるのが この風景です。

 車道というより遊歩道で、ちょっと道がせまいですね。








 これはなかなか、漫画内と似た配置ですね。
 両サイドの山の重なりの向こうに、さらに遠方の山が見えている
 ところなど、瓜二つです。

 ただ、これは(多分) 「道志みち」 ではなく、
 並行する 県道76号 の風景です。








 これも、かなりよく似ていると思います。 ただ、2つの山の重なった部分の
 彼方に見えているのは、山ではなく、雲ですが(苦笑)

 本当はもう少しロングで撮影したほうが漫画内の風景に近くなるのですが、
 このあたりは木々が茂っていて、これより後ろに下がってしまうと、
 山が木に隠されてしまうのです。

 県道24号 (この道は「道志みち」に含まれる?) の風景です。








 これは山ではなく、途中にある 「青野原」 の町の風景です。
 町のいたるところに提灯がかかげられ、漫画内の雰囲気を思わせたので、
 思わずシャッター(Print Screen)を押しました。

 ただ、提灯に書かれているのは、「道志みち」ではなく、
 出資者(お祭りの?)の名前のようでしたが…







 残念ながら今回は、「アルファさんが歩いた 道志みち」 の確定には至りませんでしたが…

 また機会があれば、調査のためのドライブに挑みたいと思っています。



 ストリートビューでですが… (笑)









 ちなみに、このページをアップしてから、疑問に感じてネットで色々と情報をさぐり、その話を総合してみたところ…


どうも 「道志みち」 は、

1990年代ごろに、大きめの改修があった ようなのです。



 「昔はもっと、狭くてヒドい道だった…」

 「昔はこんなに車の行き来は無かったのに…」

 そんな、当時を知る方々(ドライバーや自転車乗り)の感想が、ネットに散見されました。



 そこから考えると、ヨコハマの漫画内で描かれている 「道志みち」 は、改修される前の… つまり、今となってはもう二度と目にすることの叶わない、『 失われた風景 』 だったのではないでしょうか?


 「ストリートビュー」 はたしかに便利ですが、あくまで車載カメラであり、タイムマシンではありません。

 残念ながら、「漫画内とまったく同じ風景」 を探すのは、一旦あきらめざるを得ないようです。




 もちろん、完全に道が絶たれたわけではありません。

 当時の現地の風景写真を撮っておられた方が、ネットにそれをアップしてくださるのを期待しつつ、「かつて + 道志みち」、「以前の + 道志みち」 などの検索単語を使い、ひまひまに過去の風景を追いつづけようと思っています。



 それにしても、『夕凪の時代』 の到来を待たずに、こうして1つ1つ 「かつての風景」 が消えていく現実には、それが自然の流れとはいえ、なんとも言えない切なさがありますね…


 たとえそれが、「地元ではない第三者の感傷」 と言われても、そう思わざるを得ない自分がいるのです。






[ 戻る ]