■ 箱根の峠の
   彼方の山
神奈川県 足柄下郡 箱根
最寄 不明
撮影 2020 / 11/17



 『峠』は、『ヨコハマ買い出し紀行』連載終了後の 2006年 夏に、その後日譚の1つとして描かれた短編です。

 サエッタ(タカヒロ・マッキ)子孫と思しき 少女 が、仲間である 全長 3〜4メートルもある巨大な「カマス」 に 抱えられて、東へ向かって飛び立っていく お話です。




 さて、そんな短い お話の中に、ちょっと「現地考察ファン」の心をくすぐるシーン があります。

 3コマ目の、『やけに平べったくて、真ん中にヘコミのある 彼方の山』が、それです。


 場所が「箱根」と判明しているのであれば、Googleストリートビュー「芦ノ湖」「芦ノ湖スカイライン」あたりを回ってみれば すぐに判明するだろう、と考え…

 とりあえず 「芦ノ湖」上の 南の辺り に、ストリートビュー用の「オレンジの人形」をドラッグし、遊覧船からの風景と思しきライン上に ポトリと落としてみたところ…

 なにか いきなり「それらしい山」が 見つかった ので、驚きました(笑)


 山の名前は『二子山』(ふたごやま)

 正確には、北の「上二子山」(鉄塔などが載っているほう)と 南の「下二子山」の 2つの総称(俗称?)になります。



芦ノ湖湖面からの、二子山
 「芦ノ湖」の南の水面上からだと、「2つの山の谷間」が 作中のそれより深く見えますが、もうちょっと南か北に移動すれば 漫画内の描写に近い視点が得られそうです。

 そう思って Googleストリートビューで走り回りまわったのですが…


 「ストリートビューで撮影されている範囲」に限りがあったり、ほとんどの場所で木々に視界をさえぎられるなどして、一向に心から納得のいく場所が見つからず…

 結局、以下に列挙するポイントを見つけ出すのが精一杯でした。(とほほ)

 以下、参考までに ご覧ください。



箱根峠近辺からの、二子山



箱根峠近辺からの、二子山



箱根峠近辺からの、二子山

 まずは、「箱根峠」に 比較的近い場所 からの風景3点です。


 左の写真のうち一番上は、『箱根峠から芦ノ湖スカイラインに入ったばかりの辺り』から見た 二子山。

 続いては、『箱根峠から、300メートルほど北東に下った辺り』からの 二子山。

 最後は『道の駅 箱根峠』から見た 二子山です。


 漫画内より 谷間が深かったり、下二子山の山頂付近がデコボコしているのが、ちょっと気になりますね。

 漫画内では、少女は「ほぼ 山頂あたり」を歩いているので、これらの写真より さらに標高の高い場所から二子山を見おろしていたと思われるのですが…

 残念ながら その範囲には、Googleストリートビューによる画像は ありませんでした。



芦ノ湖スカイラインからの、二子山
 続いては、箱根峠から 北西に5キロほど行った、『芦ノ湖スカイラインの レストハウス近辺』から撮影されたものです。

 方向的には、「二子山を 西から眺める」感じになります。

 意外にも こちらからだと、「上二子山」の山頂までもが デコボコっぽく見えるのですね。



『箱根やすらぎの森』上空からの、二子山
 最後に、これはビックリ。

 『箱根やすらぎの森』上空から、
ドローン で 撮影されたものです。

 ある意味 視点的に、最も「漫画内の それに近い」のが、この写真かもしれません。


 ちなみに、この写真の「二子山の 右手前に見えている山」(要害山?)の 山頂あたりから二子山を眺めると、漫画内の風景に近くなる気もするのですが…
 残念ながら、そうした画像は見つかりませんでした。

 (それに「要害山」からだと、ちょっと 二子山が近すぎる気もしますし…)




 モデルになった場所は判明しているのに、「漫画内」と 近似のアングルを見つけられないのは、なんとも悔しいものですね。

(もちろん 漫画内の風景は、絵的に まとまるように、芦奈野先生のアレンジが加わっている可能性も ありえますが…)


いつか 自分で自動車で現地を訪れることがあったら、ジックリと『二子山』を堪能できるポイントを探索して回りたいと思っています(笑)




[ 戻る ]