■ 海の色のビン








その小さなマーケットに入ったのは、何年ぶりだろうか?


皆さんにも、「近所にあるけど、なかなか行かない店」
というものがあると思います。

僕にとっての、このマーケットがそうでした。

品揃えが中途ハンパ… これといって特色が無い…
理由はそんなところではないでしょうか?


…いやいや、今日はそんな
「お店談義」をしたいわけではありません(笑)

その店で僕は出会ってしまったのです。

『海の色のビン』 に。

正確には、コカコーラの瓶に。


2巻・14話 『砂の浜』で、
アルファさんが海底からサルベージした、
あの、うす緑のガラス瓶です。






昭和中期頃は当たり前だった「瓶に入った清涼飲料」

しかし、ガラス容器の重量や、破損時の危険性の高さからか、
その座は「アルミ」へと移行し、
現在において僕たちが「瓶入り清涼飲料」を目にする機会は、
専門の嗜好の店をのぞいてほぼ皆無となりました。


かくいう僕も、小学校低学年の頃、学校で「紙粘土のオブジェ」を
作る土台とするために持ってくるよう先生に指示されて、
近所の駄菓子屋「ワカオ」で購入したのが最後ではないでしょうか…
て、30年ぶりかよ! 我ながら愕然です。

当事、コカコーラは「飲みすぎると骨が溶ける飲み物」(笑)
だったため、うちの親もなかなか飲ませてくれなかったのですが、
この時は学校公認で飲めたからうれしかったなぁ。

すみません、ジジイの昔語りは退屈ですか?
いやですね、歳をとると昔話がすぐ長くなる。






本題本題。

これがその、瓶入りコーラだああ!!






そしてこれが、『海の色のビン』だあああ!!









いや、驚きました。
コーラの瓶て、こんなにキレイだったのですね。


室内灯での撮影なので、
太陽光の下のような鮮烈さはありませんが、
それでもこの美しさ。

デジカメで撮影しながら、その輝きにため息が出たほどです。


そして、そのツルリとしてサラリと涼しげな飲み口…
中の飲料水の清涼感が、倍近くも増して感じられます。


この直後、たまたまコカコーラのサイトで、
ペットボトル入りのコカコーラを見たのですが、
質の低い調味料か燃料のように見えて、
全然おいしそうに見えなかったほどです。(こらこら)


いずれにしろ、自分の宝物が1つ増えた心地です。
ヨコハマ関連アイテムを抜きにしても、この美しさは保存の価値がある。






さて、ここで、最近メールのやりとりをさせていただいている、
ヨコスカ在住のKさんの思い出話を1つ…

黒崎鼻にほど近い三戸海岸の、ガソリンスタンド内でのお話です。



(写真はイメージです)


スタンドの店員さんと、おそらくその隣の小さな農協の店員さん、
2人の地元おじさんの会話なのですが…

農協のおじさん曰く、
『この前なんか、「コーラのビンありませんか?
ぼく、昭和風の店開きたいんです。」なんてやつがきてさー…。
居るんだよね、そうゆう人…。』



誰だよ! こんな白々しいウソついて、
コーラの瓶を入手しようとしたヨコハマファンは!!
(一方的に決め付け)



地方といえども、時間が止まった世界ではありません。

現在、普通の店が「瓶入りコーラ」を置いているとしたら、
それは賞味期限がブッちぎりで切れていることを意味します。

旅先のノスタルジーに酔って
ナチュラルハイになることは僕でもありますが、
何気ない一言が地元の方の気分をいたく害することを、
単なるビジターにすぎない我々旅人は、肝に銘じるべきではないでしょうか?

ヨコハマのモデルである三浦は、ファンにとっては聖地です。
しかし、そこには同時に『地元の方のリアルタイムの人間の生活』がある。

その1点だけは、忘れてはいけません。


それを忘れなければ、やがてあなたも、
三浦の風景の中に「異郷」ではなく
『故郷』を見る日が来るかもしれません。







最後に、『2巻・108ページの構図で、ハイチーズ』!


…と、いきたかったのですが、あれやこれやで忙しく、
三浦から遠ざかってしまっている自分…
ササーっと撮影に出かけるわけにもいきません。

そこで、2007年に撮影した野比海岸の写真を持ってきて、
室内でハイチーズ。





今日の収穫です(笑)


いつか現地の砂浜にこのビンを立てて、
潮風を楽しめる日が来ますように…




執筆 2010/01/24






[ 戻る ]