新・「Aタイプの歴史」 4約 35年前
初の 「ロボットの人」、
A7M1 完成





「A1〜A5」 と 「記憶キノコ」 によって、

生物としての 人 の誕生に、
一応の成功をおさめた人類でしたが、

肝心の 「彼らとの共存」 が不可能 だと分かり、
頭を抱えてしまいます…




が、ここで開発者たちの脳裏に、

逆転の発想 が舞い降りました。





「 生物の 人 」 がダメなら、

『 ロボットの 人 』 を作ってはどうか?








機械であれば、

当然 その能力は
人間が設計・設定できるため、

新種の生物(A6)のような
想定外な事態は、
ほぼ無くすことができます。





人類を超えるためではなく、

人類と同等にするために、

あえて機械(ロボット)を採用した
わけです。








この着想から生まれた
最初の 『ロボットの人』 (A7M1) は、

A6 の開発で得たテクノロジーを
多く流用したこともあり、

生後まもない当時は、
その外観・性格面において、
当然ながら、A6 に非常に近いものを示しました
が…






機械によって、人間の身体能力に
近く設定されている その体は、

人間的な生活にも、
A6 とは比較にならないスムーズさで
適応していきました。






かつての開発関係者であった
子海石先生 の教育のもと、
「人間らしい知性」 を獲得した彼女は、

やがて、自分の学んだものを
量産試作機 (A7M2) に引き継いだのち、


本来の役割である
『ターポンの管理人』 として、

人間のスタッフたちと共に、
空の彼方へと旅立ったのでした。














子海石先生が若い頃に挑んだ 「東京湾横断」 は、
データそのものは ロボット開発において、
ほとんど役には立ちませんでしたが…



そのときに彼女が体で得た経験は、

「ロボットの人の教育」 において、
深い意味を成した
のです。











空の彼方に行ってしまった A7M1 は、

開発者・教育者以外に、
彼女を目(ま)の当たりにした人間が
ほとんどいなかったこともあり、

後世において 「まぼろしの機体」
とも称されたそうです。











ミサゴをあつかった話のタイトルに
「人」 という言葉が使われていながら、

なぜか、ミサゴ と A7(ロボットの人)たち に
身体能力の大きな差があった
のは、

つまり、こういう理由によるものだったのです。






ミサゴは、『 生物の 人 』

A7シリーズは、『 ロボットの 人 』




共に、「五感」 と 「記憶」 によって
作られた 人 ではありますが、

その体を構成しているものが、
根本的に異なっていた
わけですね。





    










ちなみに、若い頃の 子海石先生から、

「極限の状況で ある目標に挑戦する時の人間の感覚」

のデータをとる実験が行われたのは、


未来の無くなった地球において、

せめて その痕跡をターポンによって残そうとする行為に
(DNA保存や、滅ぶまでの地表の観測データなど)

半永久的に挑み続けるロボットの人


を作る必要があったからではないでしょうか?





人間もロボットもいなくなった世界で、ただ1人

「いつか再び この地球に、
人間の文明がよみがえるかもしれない」 という、

か細い か細い希望だけを信じて、歩き続けられる、

超人的な精神力を持った 「人」 を作る必要が…










新・「Aタイプの歴史」5 『後に 「夕凪」 と 呼ばれる時代 』 に続きます







[ 戻る ]